ソフトウェア業界の現状

社会に無くてはならない存在に

ソフトウェア業界は、どの業界にも必ず何らかの形で関わっているというほど、
無くてはならない存在になっています。
アパレル業界でも、在庫管理においてシステムやソフトを必ず導入していますし、
スーパーや教育施設などでも同様です。

ソフトウェア業界を含め、IT業界の需要は昔から下がることはありません。
しかし、そんな高い需要のあるソフトウェア業界ですが、
就職となると雇用条件はあまりよろしくないといわれています。

ソフトウェアはプログラマーがプログラムを組んで作ったり、
システムエンジニアがディレクションをしたりという形で制作されていきますが、
プログラマやシステムエンジニアは労働条件が過酷である上に給料が安いとして、
あまり人気のある職種ではなくなってきています。

プログラマは、言語を学んでプログラムを組んで行きますが、
言語によってはかなり難易度が高く、
また納品前になると連日終電近くまで残業をしなければならないような時期もありますが、
報酬はその業務量と比例しているとはいえません。

システムエンジニアも、たくさんの人とやりとりをしながら
仕事を進めていかなければいけないので、メンタル的にも苦労する仕事ですし、
やはり業務量が多く残業は避けられないのに、
収入は昔と比べるとか成り下がってきているようです。

こうしたことからあまり条件のよい仕事という認識はないようですが、
この現状を打破するべく動いているソフトウェア会社もあり、
これからの業界の変革に期待したいところです。

需要は高い業界

雇用条件はよいとはいえないところが多いようですが、需要自体はかなり高く、
人材を募集している企業は多いです。
また、プログラマーはかなり専門的な知識を必要とする仕事ですが、
新卒ではなく中途での未経験者の採用を積極的に行っている企業もたくさんあるため、
雇用においてはかなり柔軟であるといえます。

ソフトウェアの開発は、今後の社会にも必ず必要になりますので、
仕事をする人が増えたり、企業が働き方の見直しを行うことで、
今後雇用条件が改善されれば求職者側からも人気の高い職業になるのではないでしょうか。

ソフトウェア業界は常に技術が進歩しているため、
勉強をし続けなければならないという点が大変ではありますが、
専門的な知識を仕事に活かすことができる、手に職に近い仕事ではないかと思われます。

これから手に職をつけたい人、IT関連に興味がある人は、
需要が高い分比較的就職しやすい仕事です。

大手のソフトウェア会社に就職するのはやはり難関ですが、
中小企業の場合は随時求人しているところも多いため、
未経験でソフトウェア業界に転職したいという人は、
まずは中小企業の募集情報をチェックしてみるとよいかもしれません。