年収1000万円の求人はそうそうない

年収1,000万円以上の転職は可能?

インターネットなどで平均年収の情報などをチェックしていると、
年収1,000万円であるという人も少なくないようです。

であれば、自分も年収1,000万円を目指したいけれど、
今の会社で年収1,000万円は難しいという場合、
転職先で年収アップを狙おうと考える人がいます。

インターネット上の広告などでも、年収1,000万円以上の求人がたくさんある、
というような広告を目にすることがあるからか、
自分でも狙えるのではないかと考える人が多いようですが、
実際には転職の求人案件で年収1,000万円というのはそうそうありません。

年収1,000万円は転職マーケットの情報ではない

実際に転職で年収1,000万円以上を得ている人は、自分から応募した転職ではなく、
ヘッドハンティングなどが多く、一般的な求人では募集情報を扱っていませんし、
企業側もそれだけの年収を支払うような仕事をお願いできる人が
転職マーケットにいるとは考えていません。

現在年収1,000万円以上を得ている人は、
転職で得られたものではなく一箇所の企業に長く働いて
昇給や昇格をして年収を上げていったり、何かに特化した技術がある人がほとんどです。

すでに高い年収を得ている状態で転職をするのであれば、
もちろん同じくらいの年収が期待できますが少ない年収から
1,000万円以上の年収を得ようするのは無謀かもしれません。

年収1,000万円以上の転職をしたい人は

まずは、募集要項を見たり、転職エージェントに相談するなどして、
自分が年収1,000万円以上の転職を狙うことが
可能な人間であるかということを客観的に判断します。

年収500万円の人が、いきなり1,000万円以上の転職をするというのは無理な話ですので、
現実的に第三者に判断してもらいましょう。

年収1,000万円を目指すことが可能だと判断された場合は、
自分で企業探しをしてもよいですが、
転職エージェントなどを活用して仕事を探してもらうというのもひとつの方法です。

転職エージェントであれば、信頼できる企業を探していただける可能性が高まりますし、
就職までの流れが実に効率的なので、よりスムーズに転職活動ができます。

転職エージェントを利用する上での注意点は、
必ず条件と違っていた場合の対処について確認しておくこと。

とある転職エージェントを利用した人は、
残業手当がつくと募集要項に記載があったので転職したところ、
実際に就業してみたら残業手当はつかず、
それを転職エージェントに連絡しても
「就業後のトラブルについては一切関与しない」ということで
何の対応もしていただけなかったそうです。

こうした詐欺まがいの転職エージェントもありますので、
より信頼できるところを吟味して、
事前に不明点をきちんと確認してから斡旋を依頼するのは基本中の基本です。

安心して働くことができる年収1,000万円の転職を目指しましょう。