スキルアップとダイバーシティ

”多様性”が重要になる

これから日本国内の企業でスキルアップを目指すときには、
「ダイバーシティ(Diversity)」という概念が必要になってくるといいます。

ダイバーシティとは、直訳をすると「多様性」ということになりますが、
実際に使用されるときにはもっと多くの意味を含むものとされています。
これまで日本国内においては、仕事で交流を持つ人の範囲は非常に限られたものであり、
特に意識をして意思疎通を測るようなことをしなくても
“なんとなく”という感覚で片付けられてきた問題が多数ありました。

また、同じ民族・性別・年代ということが同族意識につながり、
本来は間違っているように感じることもかばい合いという
精神のもと放置をされてきたこともかなりのケースで見られています。

それは日本らしい企業経営のありかたということで見れば、
正しい側面もある反面で簡単に是正できない間違いを生むもとになっていました。

しかし現在においては急速なグローバル化が進んでいることもあり、
そのような閉鎖的な“なんとなく”は通じなくなってきました。

従来の考え方では通用しない?

身近な例で見れば性別や年齢における立場や仕事内容の違いがなくなり、
取引相手としても国内だけでなく国外の人を相手にすることも
ごく当たり前に行われるようになっています。

人種以外にも、身体的特徴(障がい者など)やその他の文化的背景、
宗教、思想といったあらゆることが多様化しており、
それらに対応できるような思考方法が確立される必要性が生じてきています。

さらに言えば、これまでは雇用といえば正規雇用が前提となっていて
会社は一度雇い入れた社員に対して家族のように成長を見守るという体制がありましたが、
これも急速にくずれてきており、自分のキャリアは自分で築き、
終身雇用をあえてのぞまないという雇用体系で生活をしていく人も増えてきています。

正社員の身分が一番高く、その下に派遣社員、パート、アルバイトがいるという構図も
もはや怪しいもので、アルバイトが全員いなくなってしまったら
店の運営もままならないという雇用方法をとっている企業もたくさんみられています。

スキルアップを望むとき、
まず最初にするべきことは従来までのレールに乗った方法が
すべてよしという概念を捨てることでしょう。

数多くある人の働き方や考えを受け入れつつ、
自分なりの将来を構築していくことができるかどうかが、
今後働き生活をしていく上において、
最も大切な考え方になっていくのではないかと思います。