難関転職を攻略したい

難関転職にはどのようなケースがあるか

難関転職というと、人気のある大手企業への転職というイメージがありますが、
そのほかにも難関転職にはいろいろなケースがあります。

代表的なものとしては、35歳以上の高齢で転職すること。
今は35歳であればまだまだ転職が可能であるともいわれていますが、
40歳以上になったらかなり選択肢は少なくなってしまいます。

そのほか、異業種や異職種への転職も難関です。
例えば、経理の仕事で美容業界の経理から大学など、
教育機関の経理職に転職するということであれば
特に大きなキャリアチェンジというわけではないかと思いますが、
販売職から事務職へといった違う職種への転職となると、
かなり難しくなるといわれています。

管理職への転職など上のポジションへの転職についても難関だと考えてよいでしょう。
このように、難関転職についてはいろいろなパターンがあるのです。

それぞれのケースを攻略する

35歳以上の転職においては募集要項の対象年齢に35歳以下などと
記載されていることが多いためにこのようなことがいわれていますが、
必ずしも35歳でないといけないという企業は少なく、
35歳以上であっても優秀な人材、自社で活躍してくれそうな人材だと思ったら、
採用するところは多いです。

年齢の高い人が転職をする際には、この募集資格に惑わされず、
自分に自信を持つことがっても重要になります。

対象年齢からは少し過ぎているけれど、
自分はこうした部分で活躍することができ、
また柔軟性を持って対応できるということをアピールできれば、
きっと採用につながるでしょう。

キャリアチェンジにおける転職の場合は、
その会社の求めている人材に何らかの形でマッチしていれば
採用される可能性は高いといわれています。

まったく経験したことのない業界で、
持っている資格も転職先に関するものではないというのであれば
厳しくなってきてしまいますが、異業種で働いていたけれど関連する資格を持っていたり、
また業界は違っても実務において共通しているところがあったなど、
自己PRにつながるものを見つけて上手にアピールできれば、
難関転職も攻略できそうです。

役職やポジションを上げての転職は、転職の実例を考えると難しいです。
転職は、その場で即戦力となる人を求めていますので、
今まで経験したことのないポジションを転職先でいきなり経験するということが
厳しいというのは理解できるのではないかと思います。

ただし、会社によって役職の振り分けなどが違っているため、
現職で行っている実務が、転職先の実務では
ひとつ上のポジションであるということもあるようですので、
そういった形であれば、上のポジションへの転職をすることも不可能ではありません。