ライフプランに合わせた転職を

経験やキャリアアップにも

転職はできればしたくないと思っている人もいるかもしれませんが、
うまく転職活動を行うことで一か所だけでの勤務よりも
多くの経験やキャリアを積むことも可能です。

世間的にはまだまだ転職=就職に失敗したときにするものという意識がありますが、
動機はそれだけではありません。

特に女性の場合には結婚や出産を経ることにより必ず、
一度は職場を退かなければならないという事情もあるため、
転職をするかしないということを早めに意識しておくことが大切になります。

仕事には転職をしやすい職種としづらい職種とがあります。
また子育て期間中に在宅で仕事をすることができる仕事もありますし、
将来的に独立をして仕事をすることも可能な専門職もあります。

結婚や出産といったライフプランを考えるときには、
同時に仕事をどうつづけていくかいかないかということも一緒に考えておくと、
職業選びのときに便利です。

まず結婚や出産を経ても再度仕事をしやすい仕事としては、
技術職としての色のある翻訳家やDTPオペレーター、
フリーライターといった職種があります。

他にも産休や育休の制度が充実している公務員や、
求人需要の高い看護師、栄養士といった仕事も長く続けることができる仕事になります。

転職確率が比較的高い業界

また出産にかかわらず転職をすることが比較的当たり前になっている業界として、
公認会計士や社会福祉士といった士業の仕事や、美容師・理容師といった技術職、
さらに訪問看護師やケアマネージャーといった介護系の仕事が挙げられます。

この転職頻度が高い業界であるかどうかということも大切で、
あまり人の流動のない業界内ではたとえ中途採用をされても、
なじむまでに時間がかかってしまったり、
周囲の様子に合わせるのにストレスが多くなったりします。

できれば転職してもすぐに周囲が受け入れてくれるような
職場・業界を選んだ方がよいでしょう。

もし独立して個人や零細企業として活動をすることを考えるなら、
ネイリストやスタイリストといった美容系の仕事もおすすめです。

センスは必要ですが場所をあまりとることなく、
自分のペースで仕事をしていくことが可能です。

専門的な資格を取得する、もしくは技術として身につけておけば、
その後引っ越しや環境の変化があってもどこかに就職先を見つけることができるので、
まだ体の自由がききやすい若いうちにそうした
手に職を身につけておくようにするのがおすすめです。

また、そういった専門的な職を身に付けた人が転職を行う場合、賃金の多い地域を狙って転職活動を行う事も考えられます。
参考:東京で「専門職」を探すには
上記サイトは都内に特化したWEBサイトですが、仕事に関する情報や専門職の探し方などの情報を紹介しています。
また、都内に限らずこういった地域情報サイトなどにも専門職に関する情報が紹介されている事もあるので、幅広い視野を持ちつつ転職活動を行ったりそれに関する情報収集を進めましょう。

長く続けていくことでまた新しいキャリアを発見できることもあります。