面接でよく聞かれる質問

事前に準備

転職活動をするときには、必ず通らなくてはならないのが面接です。

しかし面接で聞かれる項目は大抵同じようなこととなっているので、
あらかじめいくつか一般的な受け答え方法をふまえておくことで、
かなり余裕をもってのぞむことができます。

新卒での就職活動では、聞かれる項目は学生時代に取り組んだことはなにかなど、
本人に協調性やリーダーシップ、勤勉さがあるかということを
重点的に見られるものですが、転職においてはまた少し様子が違います。

どちらかといえばより実務的に、なぜ転職をするかということと、
どのくらい会社にとって必要なスキルがあるかということが問われてくるのです。

新卒でも転職でも聞かれやすいこととしては、自分自身の性格分析や、
長所、短所といったことです。
そこに加えて、自分の性格面から考える適性や、
仕事の向き・不向きを言えるようになればかなり質問の意図するところを
くむことができるといえるでしょう。

やはり企業の一員として受け入れるからには、
人間的に信頼出来る人であるかということが最初に気になってくるはずなので、
組織内で自分はどのようなポジションで働くことができるかということを
まとめておくとよいでしょう。

転職に至った理由をどう話すか

次に転職する人なら大抵聞かれるのが転職をするにいたった理由です。
もっともほとんどの人は転職をするときには前職になんらかの不満があるものでしょうが、
それを正直に言ってしまってはいけません。

ただ明らかに嘘だろうと思えるようなキレイ事では説得力に欠けてしまうこともあるので、
ある程度は実際のことを交えつつ、結論として前向きな答えになるように
組み立てることが必要になります。

転職理由がマイナス向きになりがちなときには、
今回の転職にどのような希望を持ち、
どんな働き方をしたいかということをアピールするのがよい方法となります。

さらに、大切なのが自分の希望についての話です。
既にある程度資格やスキルのある人の場合、
面接の最後にどのくらいの年収がほしいかという具体的な話題がふられることもあります。

もちろん、希望どおりにならないこともありますが、
給与面や待遇面でどうしても譲れない条件があるなら、
はっきりと伝えるようにしましょう。

案外面接でそこまで聞かれないだろうと具体的な数字を頭に入れていかなかったために、
希望どおりの条件での就業ができなくなってしまうということもあります。
転職における面接では、できるだけしっかりと、
強気なくらいの気持を見せるということも大切になります。