金融系企業の「リテール営業」とは

金融系は年収がよい

金融系の企業は、他の業界に比べてかなり平均年収が高いことが魅力とされています。

都銀系の銀行員の平均年収は600万円台後半となっており、
これは他の業界に比べてゆうに数割は高い数字となっています。

ですが、そんな高収入な銀行員は頻繁に求人がされることはまずなく、
新卒時に入社した人が長年勤めていく中で、
少しずつ高収入となっていくというパターンがほとんどです。

かといって銀行などの金融系で全く中途採用が
募集されていないというわけでもありません。
中途で募集がされやすい仕事内容や形態があるので、
そこをうまく利用していくようにすることで、
金融系企業に比較的楽に転職をすることもできるようです。

リテール営業とは

まず金融系の企業でも募集件数が多いのが「リテール営業」という種類の仕事です。
リテール営業は銀行を始めとして証券系や外資系の保険会社などでも行われている、
金融系ではごく一般的な仕事です。

具体的には個人顧客層へ向けての預金や資産運用、
ローンなどをすすめるといったもので、
金融商品を購入してもらうことで資金を集めます。

リテール営業では個人向けのものの他、
法人向けや中小企業向けのものもあり、かなり大きな金融系企業では、
ターゲットをどこにするかによって支店や課が分けられている場合もあります。

最近の流れとして、電気メーカーやIT系企業、製薬会社といった業界で、
実際の業務を行う場所と金融系(資金回収部門など)を
分社化してしまうケースが非常によく見られます。

グループ会社としてそれぞれメーカーの名称を残しつつ、
実際の業務内容は全く製造とは関係ない金融系の業務のみということもよくあるのです。
ですので、これから金融系の仕事につくことを考える場合には、
昔からある金融業者の他にそのような新しい形態の場所を狙っていくのもよい方法となります。

名前の知れた金融系企業では、
中途採用をするときはハローワークなどに一般公開することはせず、
非公開求人として即戦力のある人に絞り込んで採ることが普通となっています。

ですので、未経験でコネがない私のような者が
突然有名金融系企業に就職できるチャンスは
残念ながらあまりないと思った方がよいでしょう。

まずは小さな企業で金融業界について勉強をし、
チャンスを見ながら大きなところに転職をしていくという
キャリアアップコースもよくとられているようです。

最初からあまり高望みはせず、
業界内でどんな仕事をしていきたいかを考えて転職先を選んだ方がよいかもしれません。