就活のスケジュール

気になり始めたらすぐ行動開始

仕事の悩みは尽きることはありません。だからこそ、より安心して転職活動を行うために、転職を検討し出した時にすぐ動き始めることが精神衛生管理上も重要です。焦って転職活動をすると、よい企業を見つける時間がないので、十分に納得のできる転職ができない可能性があります。

すぐにではないけれど、いずれ転職したいなと思ったときから、少しずつ求人情報をチェックして、転職の動向やよい企業があるかどうかなどのリサーチをはじめましょう。昔は、転職というと仕事を辞めてから転職活動をしなければならないようなイメージがありましたが、今は現職と並行して転職活動をしても、現職を退職後の入社を待ってくれる企業が多いので、内定をもらって3ヶ月後に入社する、ということが可能です。そのため、よりよい企業に転職できるよう、しっかりと準備を進めましょう。

転職までの流れ

まずは求人情報をチェックするところから始まります。転職エージェントを利用する場合は、エージェント探しから始めますが、転職エージェントもかなりいろいろなところがありますので、ぜひ吟味して探してください。ネームバリューがあるからといって優良な企業であるとは限りません。広告をたくさん打っているところは必然的に認知度が高い企業になりますが、逆にあまり広告を打っていないところのほうが良心的な企業であることもありますので、口コミなどをしっかりとチェックして、よりよいエージェントにお願いしましょう。その後、自分で応募するときは職務経歴書や履歴書の準備をします。転職エージェントを利用するときもこれらの準備は必要になりますが、エージェントの場合は企業側のフォーマットにもとづいて書類を作成するため、しっかりとした書式でなくても口頭で詳細の説明をすればよいケースもあります。しかし直接自分で作成した職務経歴書を提出する場合には、よりわかりやすく、かつ転職先の業務内容と関連する形で作成する必要がありますので、かなり手をかけなければなりません。

職務経歴書の作成方法についてはセミナー等が開催されていますので、参加してみてもよいかもしれませんね。その後、応募をして一次面接、二次面接と進んで晴れて内定となるのですが、一次面接は採用担当が、二次面接は実際に募集している部署の責任者や社長が面接を行うケースが多いようです。企業によっては、かならず二次面接は社長が行うという企業もあるようですので、かなり心身ともに消耗しそうです。面接の攻略法などにおいてもさまざまなアドバイスサイトやセミナー等がありますので、効率的に利用して、より採用につながる面接に臨めるよう準備してください。

一般的に応募する企業が見つかってから内定までは1~2ヶ月、転職を検討し始めてから実際に転職するまでは、半年から1年くらいの時間を要している人が多いようです。